ブログ

ブログ

【日常】自分は何者なのか。中二病に捧げる自分を知る為の診断テスト

2019/03/05


自分は何者なのか。どうも中二病ヒロキです^^

 

んなの自分で決める事だ。ってな具合で話が終わってしまうのも味気ないので少々お付き合い下さいませ。

 

「人を知る者は智であり、自分を知る者は明である」という言葉があります。他人を知る人は知の能力や相手を容認する器量といった”智”が優れているが、自分を知る人は加えて本質的な生も理解している。という事です。

 

サンドウィッチマンくらい何言ってるか分かんないですが「他人を理解することは非常に難しいけど自分を理解する事はもっと難しい」って解釈下さい。この言葉を残した中国の哲学者「老子」が生きていたのは紀元前600年ほど前。

 

現代では自分を知る為の診断ツールがたくさん存在します。そんな安易に判る訳ないだろ!っていう気持ちは一旦置いといて「自分を知るはじめの一歩」として試してみるのも悪くないのかもしれません。

 

・ストレングスファインダー

ggreagrege

https://strengths-labo.com/strengthsfinder/

 

診断テストとしては一番有名。受診するには2000円くらいの本を買う必要がありますが、個人的に価値あると思います。

 

人には突出している資質(才能)が必ず存在します。どんな人にも。自分が当たり前に思っている行動や考え方がある人にとっては全くそうでない。逆に自分が苦痛である事がある人にとっては日常であったり。そんな自分の強みと弱みを理解する事で仕事や日常に活かす事を目的としています。

 

実は3、4年くらい前に1度やった事ありまして、、

 

  • ・成長促進
  • ・個別化
  • ・ポジティブ
  • ・アレンジ
  • ・社交性

 

の資質が出てきました。当たってるなぁと思う反面、こんな資質あるのか?という自分の知られざる一面も出てきました。ちなみに環境や状況に左右されないので何回やっても出てくる資質はほぼ一緒とのこと。

 

ネットで出品されてる中古本は受診に必要なプロダクトキーだけ外された本なので購入してはいけません。新品にしましょう。テスト開始すると約30分間ずっーと質問に答えなくてはいけないので時間を取ってから行いましょう。

 

・16Personalities

ergershr

https://www.16personalities.com/ja

 

無料で気軽に出来るけど、コンテンツの質も高いし表示結果も面白い。

 

ちなみにわたくし「広報運動家」でした。話のネタにやってみて。あながち間違ってはいないと思う。

 

・エニアグラム

gergskdee

https://jibun-compass.com/enneagram

 

海外では多くの企業がカリキュラムに取り入れているらしいです。簡易版は無料ですが、傾向が分かる程度なのでしっかりと診断したい方は下のリンクから詳細確認した方がいいと思います。僕はやった事ないですが自分の資質だけでなく相手との関わり合いなども詳しく書かれているので、そういった点では一番いいのかもしれません。

 

https://www.enneagram.ne.jp/about/diagnosis

 

・QQM(結婚の幸福度指数)

eragesjh

http://www.qom.jp

 

なんと!結婚の幸福度まで数値化して診断してくれるのです!とは言っても価値観は人それぞれなので、あくまでも参考程度にしておきましょう。「相手対して甘え過ぎてる一面はありませんか?」という地味に的確なアドバイスが来て若干ムッとしました^^

 

・エタノールテスト

hhrhtrde

https://www.suntory.co.jp/arp/strength_weakness/

 

自分を知るという事は「酒を知る」という事なのかもしれない。。。

 

ちなみにわたくし「ALDH2不活性型(お酒が飲めない体質)」でした。なんというか。うん。分かってはいましたが、やっぱりそうなのね。

 

脳内メーカー

klklgee

http://irotsuku.com/a/cfw8py21

 

今年は「松本犬樹」でいこうと思います。

 

 

~END~